読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanihito’s blog

IT・Web・英語・筋トレなど、興味のあることについてつらつらと書いてきます。

セブ島語学留学に行ってきました

お久ぶりです、tanihitoです。最近色々と忙しくて、blogを全然更新できていませんでした。だいぶ落ち着いてきたので、またちょくちょくblogを書いていきたいと思います。

さて、タイトルにもあるとおり、セブ島に語学留学に行ってきました。もともとビジネスレベルの英語力はあったのですが、映画を字幕無しで見たり、もっと流暢にしゃべれたらいいなと思っていました。そんな時に、会社の先輩がセブ島に語学留学に行ったという話を聞き、自分も一度行ってみたいと思うようになりました。そこで、ちょうど仕事が一段落して時間が出来たこともあり、一週間セブ島に留学してきました。

留学を決めて最初にやったことは、語学学校選びです。色々な学校がありますが、多少費用がかかっても効果が出るところがいいと考え、Brighture English Academyを選びました。ここだと一週間で11万円ぐらいするので結構高いです。もっと安く済ませたい人は、探せばいろいろあるみたいです。

では、実際にどのような授業を受けるのでしょう?授業の内容はその人のレベルによって違いますが、僕の場合は発音・Reading・Wrighting・Speaking・Listeningなど一通りの授業が組まれていました。基本的にはずっとマンツーマンで授業を受けることになります。これは人件費の安いセブじゃないと無理ですね。

授業内容は特別なものではありません。英語の文章を読んでその内容をまとめたり、YouTubeの音声を聞いてリスニングしたりします。その中でも僕がいいなと思ったのは、ビジネスコミュニケーションの授業です。英語で上司に報告したり、部下を叱ったりする方法を、ロールプレイングを交えて学んでいきます。この授業を受けていればもっと上手く振る舞えたんだろうな、と思い当たることが多々ありました(笑)

また、平日は朝9時から夕方6時までみっちり授業があり、その後も多くの宿題がでるため休む暇がありません。本当に一日中英語漬けです。日本だと誘惑が多く、集中して勉強できないという人でも、ここなら無理やり勉強することができます。

実際に授業を受けてみて、語学留学にむいているのは以下のような人だと思います。

  • 英語の勉強と言われても何をすればよいかわからない
  • TOEICの点数はいいが話すことができない
  • ある程度英語は話せるが、これ以上どうやって勉強すればよいかわからない

勉強の仕方がわからない人は、しっかりとカリキュラムが組まれている英語学校で何ヶ月か勉強するといいでしょう。また、TOEICの点数はいいけど英語を話せないという人にも留学はおすすめです。フィリピン人の先生と話して、英語で会話することに慣れましょう。僕のように英語力向上のきっかけを探している人にとっては、自分の弱点を知ることができ良い刺激になります。

逆に、自分の弱点も勉強方法も分かっている人は、日本で勉強していたほうがいいと思います。日本でもセブ島でも、結局やることは同じです。それならばわざわざ留学して高いお金を払う必要はないでしょう。むしろ自分のペースで勉強できるため、日本にいたほうが学習効率が上がる可能性もあります。

英語力が短期間に楽に上がるような魔法はありません。結局は地道な努力が必要です。そのことを理解して、それでも今の自分にとって語学留学が最適であると思うならば、セブ島での留学はとても役立つものになるはずです。