読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanihito’s blog

IT・Web・英語・筋トレなど、興味のあることについてつらつらと書いてきます。

AKB48劇場に行って感じたアイドルの凄さと、応援されやすい努力について

普段はやらないことをやってみようと思い立ち、AKB48のライブに初めて行ってきました。アイドルのライブとかはオタクが見るものと思って食わず嫌いしてきましたが、実際に行ってみるとすごく良かったです!正直感動しました。AKB48が人気なのも納得です。

僕がどうしてそんなに感動したかというと、彼女たちから必死さ・懸命さが伝わってくるんですよね。「AKB48はクラスで3番目にかわいい娘を集めている」という都市伝説があり、他の女優さんと比べると美人ではないとも言われています。ただしそれは芸能界基準であって、普通に町中にいる女性と比べれば美人でスタイルもいい子ばかりなんですよ。もともと美人に産まれるのは前提条件として、そこからどれだけのお金と時間を掛ければあそこまで可愛くなれるんだろうと考えてしまいます。食事も気を使ってるだろうし、毎日トレーニングもしてるんだろうなと。しかも、可愛いだけじゃなくてダンスも上手くてトークもできるんです。2時間のライブ中はずっとキレッキレのダンスを披露してくれて、MCでは会場をばんばん沸かせてました。美人で運動ができて面白いとかどこの完璧超人だと言いたい。

それだけすごいアイドルであっても、残酷なことにAKB48の中では順位が明確に決まっています。毎年総選挙があって人気順がつくため、ちょっと調べれば誰が人気があって誰が人気がないのかすぐに分かってしまいます。AKB48というグループの中では、どれだけ努力を重ねても必ず低い順位の子が出てきてしまう。厳しい世界ですね。そんなに厳しい世界だからこそ、みんな少しでもファンを増やそうと努力しています。そして、その頑張りを見たいからこそ、人はお金を払ってまでライブに行くのではないでしょうか。

アイドル以外でも頑張っている人もいると思いますが、普通の人が「頑張っている」と言ってもそこまで本気ではなかったり、もっと暗い感じになっていることが多いと思うんですよね。「一応頑張ってはいます」とか「これだけ頑張ってるんだから優しくしてください」みたいな。それは何か違うだろうと。そんな時にアイドルの本気の頑張りを見ると、つい応援したくなってしまう。

AKB48の振付師をされていた夏まゆみさんの本を読むと、グループのエースになるためには『見栄やプライドを脱ぎ捨てて、熱意と誠意でぶつかる』ことが必要だそうです。「自分はもっと評価されるべき」といったプライドをいったん横に置き、熱意を持って努力を続けることができるか。それが人気がでるか・応援されるかの違いになるのだと思いました。実際、出演していたメンバーの中でどの子を一番応援したいかと言われると、一番熱意を持って頑張っている(ように見える)子なんですよね。ライブが終わった後もお客さんにきちんと挨拶しているとか、そういうことです。

熱意と誠意を持ったわかりやすい人にならないとなと感じたライブでした。