読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tanihito’s blog

IT・Web・英語・筋トレなど、興味のあることについてつらつらと書いてきます。

筋肉まるわかり辞典

みなさん、筋トレしてますか?以前ブログに書いたように、僕は「2016年1月1日に体重70kgになること」を目標にしてトレーニングしています。しかし、残念ながら今の体重は67kg…。あと1ヶ月で3kg体重増やさなければいけないので、目標達成は難しそうです。筋トレを始めてから67kgまでは順調に体重が増えてきていたのですが、ここから70kgまでの道のりが遠い!

この70kgの壁を乗り越えるために購入したのが、この「筋肉まるわかり辞典」です。著者は東大教授でボディビル・ミスター日本優勝の石井直方先生。日本で一番筋肉に詳しい方と言っても過言ではないでしょう。世の中に溢れているインチキダイエット本なんかを何十冊読むよりも、石井先生の本を1冊読んだほうがよっぽど役に立つと思っています。

本の内容ですが、筋肉についての様々な疑問について石井先生が回答するという形式になっています。質問は筋肉自体の仕組みから筋トレの方法まで多岐に渡り、トレーニング初心者から上級者まで誰が読んでも参考になります。僕が特に気になったポイントをいくつか抜き出してみます。
    • 体を大きくするためには、水の代わりに牛乳を1日2L飲むといい。
    • マシンよりもフリーウェイトのほうがいい。マシンはレールなどの摩擦があるため、下ろす時の負荷が上げる時の85%程度になってしまう。また、マシンでは特定の筋肉だけが使われるためバランスが悪い。
    • 1秒で上げて、3秒で下ろす。下げる時にも力を入れ続けると筋肉がつきやすい。
    • 常に筋肉に負荷をかけ続ける。ウェイトを上げた終わった後、下げ終わった後に休まない。
    • トレーニングは週2〜3回。セット間のインターバルは1分で、最低3セット行う。胸・太ももなどの大きな筋肉については6セット行う。
    • 腹筋をしているときに「フーッ」っと強く息を吐くと、トレーニング効果が3倍になる。

これらのポイントに気をつけてトレーニングを行ったところ、トレーニング直後に强烈な筋肉痛になりました。筋トレを初めたての頃はいつもこんな感じでしたが、ある程度慣れてきてからはここまで筋肉痛になったことはありません。大変ですが、これを続ければ確かに効果がでるなと感じられます。

せっかく忙しい仕事の合間を縫って筋トレしているので、やはり早く結果がほしいです。そのためにはトレーニングの量だけでなく質も向上させる必要があります。この本から正しいやり方を学び実践することで、今度こそ体重70kgを達成します!